第5回(2012年・春) 出水田 剛志 さん

発表者

発表タイトル

音声の動的成分に着目した個人性聴取印象の検討
音声B 1-R-1

工夫した点

多くの票が獲得できるように,ポスターを見やすくした.
人だかりが出来る事を想定し(夢見て),遠くからでも興味を持ってもらえるように,
文字を大きく!図は見やすく!

苦労した点

文字や図を大きくする事で,スペースが足りなくなったこと.

プレゼンテーションで心がけている点

自信を持って,楽しそうに話す.
ただし,独りよがりにならないように気をつけながら.

普段の生活

誘われた飲み会は全て参加.

発表練習

研究室の中央テーブルで発表練習.
防音室で発表練習.
夢の中でも発表練習.

研究スタイル

悩むときはとことん悩む.
悩みすぎて,ドツボにはまる.
泥沼から抜け出せそうになったら,とことん手を動かす.
つまり,浮き沈みが激しい.

研究時間

研究以外の生活時間も含めると,大学の立地上かなりの時間・・・

お酒は研究の潤滑油になるか?

当然,ガソリンです.

朝型/夜型

アイデア練るときは,朝型.というかすぐに帰る.
作業するときは,夜型.

なぜ音響学に入ったか

音を聴くという,ヒトがあたりまえにしている事が,実はものすごく複雑であることが面白かったから.

今後も音響学を続けるか

神のみぞ知る.

どれだけ遊んでいるか

月一で石川の山奥から県外へ逃亡してました.

夢・目標、研究の目標

もう一度,地元宮崎が脚光を浴びる事.

なぜ今の研究を行っているか

某アニメの蝶ネクタイを作りたくなったから.

尊敬する研究者

ご指導していただいた先生方,研究室のOB,先輩方と挙げるとキリがありませんので,一人だけ.
研究者の括りに入るか分かりませんが,最近とある記事を読んで感銘を受けた,伊藤穣一氏

喜びの一言

お世話になった先生方への恩返しとなれば嬉しいです.
それと…JAISTのみんな!穫ったどーー!!